背景の画像

名 古 屋 を 中 心 に 活 動 す る え ん げ き ユ ニ ッ ト 「 孤 独 部 」

 

かしやましげみつドキュメンタリー映画「DRAWING」

(甚田剛史 監督作品)

名古屋を中心に活動する、えんげきユニット「孤独部」

主宰かしやましげみつのソロユニットとしてスタート。

2009年1月9日にプレ公演を行い、同年5月23日に、ライブハウスで初上演。

約一年の活動休止を経て、2011年末「ミソゲキ2011」より活動を再開。

東京・神戸での公演や、ライブイベント企画をライブハウスや劇場で行うなど、

「えんげき」の枠組みを越えて、精力的に活動。

 

これまでに、二十代の一人の男性を描いた『生活』、

大人になる瞬間と高校時代の青春を描いた、初の劇場単独公演作品『学生』、

バンドや身体表現を取り入れた『中学生』『小学生』など、

年代・世代をモチーフに、大人から子どもへとさかのぼるような作品創作を行ってきた。

 

詩的で日記的な文体、少ない言葉による沈黙の会話を軸に、

リズムやコンテンポラリーダンス、「ポスト現代口語演劇」と呼ばれる

00年代・10年代の演出手法を多く取り入れながら表現する。 

 

 

「2YOU MAGAGINE 第31号」(2012.11月)インタビュー掲載

WEBからも記事を読むことができます

→ http://2youmag.com/interview/2012/no31/kodoku.html

主宰|かしやましげみつ

 

1988年2月生まれ。劇作・演出・俳優。
孤独部ではすべての作品の作・演出をつとめる。

高校生のころ「今週末、空いてる?」というクラスメイトの一言をきっかけに演劇をはじめる。
名古屋大学で活動する「劇団バッカスの水族館」に在籍。

同時期に、他劇団やユニット公演にも、主に俳優として多数参加。

 

2009年、自身のえんげきユニット「孤独部」を旗揚げ。

2012年は年間で20作品を手がける。

2013年よりひとり芝居の連作「drawing: 」シリーズを開始。
ライブハウスシーンや美術、現代思想に関心がある。

 


ブログ「なるべくまいにち」

 http://kodokubu.blogspot.jp/